カテゴリ:動画撮影・編集( 3 )

 

動画撮影・編集その3

a0058124_13205091.jpg
「『動画撮影・編集その3』では、引き続き動画の編集方法について書いていきます」



動画編集に用意するもの:『Windows ムービー メーカー』

『Windows ムービー メーカー』は「Windows Me」や「Windows XP」に搭載されている機能の一つ。ウチの持っているパソコンは「Windows XP SP2」なので、そのバージョンで話を進めていきます。

『Windows ムービー メーカー』の起動方法は以下の通り。
「スタート」→「すべてのプログラム」→「Windows ムービー メーカー」

『Windows ムービー メーカー』が見つからなかったら「アクセサリ」の中にある可能性もあります。

a0058124_13205091.jpg
「では、具体的な編集方法について入っていきましょう」


1.動画を読み込み、ストーリーボードに並べる
a0058124_14545041.jpg
『AviUtl』で編集した動画を読み込みます。「ムービー作業」から「ビデオの読み込み」を選択。
すると、「コレクション」にクリップが表示されます。長い動画であると複数できてしまうので、できたクリップを全部選択して右クリック→「結合」で一つにまとめます。

a0058124_1525155.jpg
そうしたら、クリップを下のストーリーボードにドラッグして持っていきます。『AviUtl』で複数作成した動画を一つの動画にする場合は、ここまでの作業を繰り返し行なっていきます。動画の順番を変えたければ、ストーリーボードの順番を変えたい動画をドラッグして他の動画の後ろ(または前)に持っていけば、動画の順番を変更することができます。

a0058124_1564516.jpg
ストーリーボードが表示されていない場合
ストーリーボードが表示されていない場合は、上の画面にある赤い枠を確認してください。そこは
「タイムラインの表示」または「ストーリーボードの表示」のどちらかとなっています。「ストーリーボードの表示」をクリックしてあげるとストーリーボードに切り替えられます。

a0058124_13205091.jpg
「ここまで出来たら、次にタイトルとクレジットをつけましょう」


2.タイトル・クレジットをつける
a0058124_15212898.jpg
次にタイトルやクレジットをつけます。上のSSはタイトルやクレジットをつける前の状態、つまりは1番の手順を行なった後の状態となっています。ここでは、最初と最後にタイトルとクレジットを追加する方法を説明していきます。(動画の途中にも追加できますが、今回は省略します)

最初にタイトルを追加する
・「ムービー作業」の「タイトルまたはクレジットの作成」を選択。
・「ムービーの最初にタイトルを追加する」を選択。(「最初にタイトル」をクリック)
・タイトルのテキストを入力。
・「詳細オプション」の「フォントと色を変更する」でフォントと色を調整。
・「詳細オプション」の「タイトル アニメーションを変更する」でアニメーションを好みで変更。
・「終了、タイトルをムービーに追加する」で追加完了。

最後にクレジットを追加する
・「ムービー作業」の「タイトルまたはクレジットの作成」を選択。
・「ムービーの最後にクレジットを追加する」を選択。(「最後にクレジット」をクリック)
・タイトルのテキストを入力。
・「詳細オプション」の「フォントと色を変更する」でフォントと色を調整。
・「詳細オプション」の「タイトル アニメーションを変更する」でアニメーションを好みで変更。
・「終了、タイトルをムービーに追加する」で追加完了。

a0058124_15214873.jpg
タイトルとクレジットの追加後、ストーリーボードは上のようになります。

a0058124_13205091.jpg
「タイトル・クレジットのつけ方は以上です。次に演出を加えてみましょう」


3.特殊効果・切り替え効果をつける
次に動画に特殊効果・切り替え効果をつけます。ここでは効果の追加方法を説明するものとし、
それぞれの効果の詳しい説明は省略します。

ビデオ特殊効果の追加
・「ムービー作業」の「ビデオ特殊効果の表示」を選択。
・動画に使いたい特殊効果をドラッグし、動画の上に持っていく。
・追加すると、動画左下にある★マークが青く表示される。
※外したい場合は、★マークの場所で右クリック→「すべての特殊効果を削除」を選択。
※特殊効果は複数追加することも可能。

ビデオ切り替え効果の追加
・「ムービー作業」の「ビデオ切り替え効果の表示」を選択。
・動画に使いたい切り替え効果をドラッグし、動画の間にある四角の枠に持っていく。
・追加すると、四角の枠に追加した切り替え効果が表示される。
※外したい場合は、四角枠の場所で右クリック→「削除」を選択。

a0058124_15401531.jpg
特殊効果・切り替え効果の追加後、ストーリーボードは上のようになります。

a0058124_13205091.jpg
「特殊効果・切り替え効果は以上です。好きな演出効果を動画につけちゃいましょう」


4.BGMをつける
最後にBGMをつけましょう。(『AviUtl』でウチと同じ方法をやった人はBGMがないと思うので。)
「ムービー作業」の「オーディオまたは音楽の読み込み」を選択。「RagnarokOnline」のBGMフォルダにいき、使用したいBGMを選択します。(例:66番は攻城戦MAPのBGM)

a0058124_15421336.jpg
次に、上の画面にある赤い枠「タイムラインの表示」をクリック。

a0058124_15523767.jpg
タイムラインが表示されたら、「オーディオ/音楽」の場所にBGMのクリップをドラッグして持っていきます。たぶん、動画の長さによってはBGMの調整が必要だと思います。BGMが足りない場合は、再度「オーディオ/音楽」にBGMのクリップをドラッグして持っていきます。BGMの方が動画より長く
なってしまった場合は、最後のBGMをクリックしてBGMの右端をドラッグし、動画の長さまで持っていきます。BGMの右端にいったときに「←→」の表示がされるのが目印です。なお、BGMのところで右クリックすると「フェードイン」、「フェードアウト」などの調整もできます。

a0058124_13205091.jpg
「BGMのつけ方は以上です。あとは動画を保存するだけで完成です」


5.『ムービーメーカー』で編集した動画を保存する
「ムービー作業」の「コンピュータに保存」を選択。保存するタイトルと場所を決めて「次へ」を選択。
「コンピュータの最高の品質で再生」を選んだままの状態で「次へ」を選択。すると、保存作業に入ります。保存作業が終了すると再生するかどうか聞かれるので一度観て確認しましょう。

a0058124_13205091.jpg
「完成した動画を観てニヤニヤする瞬間です(ぇ」


a0058124_13205091.jpg
「『ムービーメーカー』を使った動画の編集は以上です」

a0058124_13205091.jpg
「そして、動画撮影から始まった動画編集の道のりもこれで最後となります」

a0058124_13205091.jpg
「ここまでお付き合い頂き、本当にありがとうございました!」


少しでもお力になれたのなら幸いです

[PR]

  by monk_online | 2008-03-29 16:13 | 動画撮影・編集

動画撮影・編集その2

a0058124_2374617.jpg
「『動画撮影・編集その2』では動画の編集方法について書いていきます」



動画編集に用意するもの:『Aviutl』(『AviUtlのお部屋』様、フリーソフト)

リンク先に行ったらページを少し下がって「★ ダウンロード ★」の『AviUtl』をダウンロードします。
バージョンが色々ありますが、最新版を選んでおけば大丈夫じゃないかと思います。『AviUtl』にはさまざまなプラグインが存在しますが、ここではダウンロードした『AviUtl』のみで作業します。

今回の編集方法もカット編集のみ。理由としては、ウチ自身が『AviUtl』の性能を扱いきれていないためです。深く学んでいけば編集する動画も化けていくと思いますが、学ぶ時間がないので・・・。
『AviUtl』について詳しく学びたい方は自分で検索して調べてください。

a0058124_237136.jpg

『AviUtl』を起動すると上のような画面が表示されます。

a0058124_2374617.jpg
「ここまでOKでしょうか?OKの方は次へ進みましょう」


1.撮影した動画を開く

a0058124_1504083.jpg

上メニューの「ファイル」→「開く」を選び、『カハマルカの瞳』で撮影した動画のある場所を選択。
分割された動画を結合したいときは「ファイル」→「追加読み込み」を次に選択します。すると、最初の動画の後に次に選択した動画がくっつきます。『カハマルカの瞳』だと長い動画は分割されると思うので、この方法を使うと分割された動画を一つにまとめることができます。

a0058124_2374617.jpg
「開く方法は以上です。特に説明するほどのことでもありませんでしたね」


2.動画をカットする

a0058124_1512238.jpg

カットしたい部分を編集してみましょう。まずはカットしたい最初のフレームまで移動します。
移動方法は画面の①または②を使って移動します。(①で思いっきり移動して②でちょこちょこ移動)

a0058124_233063.jpg

移動したら③の始点決定ボタンを押します。そして、カットしたい最後のフレームまで移動します。
移動したら④の終点決定ボタンを押します。これでカットしたい範囲が決定されました。

範囲が決定したら動画の画面上で右クリック。オプションの中にある「選択範囲の削除」を選択。
これでカットしたい部分がカットされました。この手順を繰り返すことで必要な部分だけになります。

しかし、ただカットするだけでは動画の繋ぎがいまいちになります。BGMも動画に入っている方は
BGMごと切れてしまいます。それでも問題ないという方は上の手順を繰り返してください。ウチは
動画のカットした部分の繋ぎが気になるため、後日紹介の「ムービーメーカー」を使います。

「ムービーメーカー」で繋ぎを何とかしているウチの場合では、必要な部分(1つの範囲)以外は全て
カットします。要するに、動画の間にカットして繋がった部分がないようにするわけです。BGMの
切れ目をなくす方法は分からないので無音にしてしまいます。1つできたらエンコード(AVI出力)、
1つできたらエンコード(AVI出力)と面倒ですがやっていきます。エンコード(AVI出力)方法は次へ。
(なお、BGMは「ムービーメーカー」の方で動画につけるので最終的には音声ありになります)

a0058124_2374617.jpg
「いらない動画の部分をカットし、必要な部分だけ残すカット編集については以上です」


3.カット編集できた動画をエンコード(AVI出力)する

a0058124_216491.jpg
上メニューにある「ファイル」をクリックし、「AVI出力」を選択します。
すると上の画面が出てきます。次にファイル名・保存先を決めます。
ビデオ圧縮、オーディオ圧縮は適当。(知識がないので・・・)
右下の「再圧縮無し」、「音声無し」は人それぞれ。ウチは画面のようににチェックを入れています。
(撮影した動画に音声がある場合は「音声無し」にチェックを入れれば音声無くなるかも?)
最後に「保存」を押せばエンコード(AVI出力)が開始されます。

・バッチ出力を使い、複数の動画を出力する
動画のエンコード(AVI出力)は当然時間がかかります。複数の動画をエンコード(AVI出力)する
場合、わざわざ1つ1つの動画が出力されるのを待って次を出力・・・というのは面倒ですよね。
そこで「バッチ出力」というものを使います。これを使うと 1つ目の動画が出力されたら次の動画、
それが終わったら次の動画・・・と次々と自動でやってくれるようになります。手順は以下の通り。

「ファイル」から「AVI出力」を選択し、「保存」を選ばないで「バッチ登録」を選択します。エンコード
(AVI出力)したい動画の数だけこの動作を繰り返します。「ファイル」→「バッチ出力」でちゃんと
追加されているか確認し、必要に応じて順番を変更します。@は「開始」ボタンでバッチ出力開始。

a0058124_2374617.jpg
「うまく出力できたでしょうか?エンコード中は本でも読んでのんびり待っていましょう・・・」


a0058124_2374617.jpg
「『AviUtl』を使った動画の(簡単な)編集方法は以上です」

a0058124_2374617.jpg
「次回は『ムービーメーカー』による編集・変換方法について書こうと思います」


『動画撮影・編集その3』へ続く

[PR]

  by monk_online | 2008-02-26 09:45 | 動画撮影・編集

動画撮影・編集その1

a0058124_124035.jpg
『動画撮影・編集その1』では動画の撮影方法について書いていきます」

a0058124_124035.jpg
「素人丸出しな面もあるかと思いますが、そこらへんは大目に見てくださいね」



動画の撮影に用意するもの:『カハマルカの瞳』(『Club Mil Besos』様、フリーソフト)

リンク先に行ったら左メニューのDownloadsをクリックしてDownloadページに行きます。ページに
ある『カハマルカの瞳』をクリックし、LZHファイルをダウンロードします。ダウンロードする場所は
適当で構いませんが、動画撮影でAVIファイルが作成されるので容量が多いHDDがいいです。

次にダウンロードしたファイルを解凍し、『カハマルカの瞳』を起動します。
解凍してできたフォルダ内に「ojos」というのがあるのでダブルクリックすると起動できます。

a0058124_1182325.jpg

起動すると上のような画面が表示されます。

a0058124_124035.jpg
「ここまでOKでしょうか?OKであれば次へ進みたいと思います」


a0058124_1184196.jpg

1.「Target Player」を設定しよう
「- ターゲットを選択してください -」のところをクリックし、「Ragnarok」を選択。
ただし、ROが撮影中に終了してしまうと撮影したのがダメになってしまいます。
それが嫌な人は「ディスプレイ全体」を選択。ウチはめんどくさいので「Ragnarok」。

次に「Target Player」枠内の「設定」をクリック。動画の撮影範囲の設定ができます。撮影範囲は
好きなように決めてください。攻城戦とか意識するなら映したくない部分を映さないよう うまく調整
するといいと思います。ウチは「640*480」で撮影しています。ROの画面サイズが「800*600」なので。
撮影範囲が決まったらリストに登録しましょう。保存したら「Target Player」枠内の「Recording Size」で登録したやつを選択できます。複数登録可能。登録しておくと次回撮影に便利です。

a0058124_124035.jpg
「以上で『Target Playerの設定』は終わりです。次は『RecordingSettingの設定』です」


a0058124_054385.jpg

2.「Recording Setting」を設定しよう
まずは「フレームレート」の設定です。ウチは攻城戦の撮影をするとき5コマ/秒にしています。
狩りのときはもう少しフレームレートを上げて滑らかにしています。数字が大きいほどクオリティ高。
しかし、PCの性能に左右されたりするので自分のPCと相談して値を決めてください。

「サイズ変更」は特にしなくていいです。「ビット変更」も好みで。ウチは16ビットの最低にしています。
「撮影時間」は自分で指定してください。撮影中に一時停止も可能なので適当でも構いません。

a0058124_124035.jpg
「以上で「Recording Settingの設定』は終わりです。これで撮影が可能となりました」


a0058124_0544912.jpg

3.動画を撮影してみよう
では、動画の撮影をしてみましょう。「Recording Mode」をAVIにして保存名を入力します。
言い忘れましたが「Recording Mode」のAVIの隣にあるTESTでフレームレートのテストができます。
フレームレートの大体の目安が確認できるので、撮影する前にチェックしてみるのもありです。
撮影してもOKであれば、右下の「RECボタン」をクリックすることで撮影が開始されます。

撮影中、手動で停止したいときはPC右下のタスクトレイの「カハマルカの瞳アイコン」を右クリック
することで一時停止や停止ができます。でも、ROを起動しているとタスクトレイにカーソルを持って
いくのは面倒だと思うので ちょっとした設定を今から紹介します。

・ホットキーの割り当て
『カハマルカの瞳』の上にあるメニューバーの「環境設定」内にある機能の一つ。
「キャプチャ開始」、「一時停止または再開」、「停止」をキーで操作することができます。
適当なキーに割り当てておくことで、わざわざタスクトレイにカーソルを持っていく手間が省けます。

a0058124_124035.jpg
「撮影した動画の出来はいかがでしょうか?サイズがでかいのは気にしないように・・・」


番外.コマ落ちが酷く、お困りの方へ
・コマ落ちが大きい場合、サイズを小さくする(ビットも小さくすることでコマ落ちは少なくなる)
・撮影中、関係のないアプリ・常駐ソフトは閉じておく

上記2点を試してみてもコマ落ちが酷い場合は以下も試してみると良くなる可能性があります。
・「タスクマネージャ」→「プロセス」→「ojos.exe」→右クリック→優先度の設定→「通常以上」or「高」

ウチの場合、3つ目の方法が一番効果的でした。タスクマネージャはタスクバーで右クリックすると選択肢の中にあります。ただし、ROの動きが多少重くなるかもしれません。

a0058124_124035.jpg
「3つ試してもダメな場合は・・・自分で検索して解決してください」


a0058124_124035.jpg
「以上で『カハマルカの瞳』を使った動画撮影は終わりです」

a0058124_124035.jpg
「しかし、撮影した動画はAVIファイルで容量がかなり大きいです」

a0058124_124035.jpg
「次回は『Aviutl』を使った動画の編集方法について書きたいと思います」


『動画撮影・編集その2』へ続く

[PR]

  by monk_online | 2008-01-26 01:25 | 動画撮影・編集

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE