カテゴリ:廃プリ考察( 1 )

 

AGIバランス型支援ハイプリースト考察

a0058124_1736334.jpg
「ここではAGIバランス型支援廃プリについて考察していきますわよ」



◆ハイプリーストとは?

転生前プリだった者がなることができる転生2次職。支援能力がプリのときより格段にアップした。廃プリのスキルであるアスムプティオは、これから増える強力なモンスターに対抗するための重要なスキルであるといえる。メディタティオの存在で転生前よりさらに大勢の支援をすることができる。

プリ考察に引き続き、今回もAGI型の考察である。ただし、バランスという言葉も付け加えた。
何故バランスが付いたのかというと、「転生のメリットであるステポイントの増加」、「廃プリスキルの存在」、「これから実装される強力モンスターの存在」の関係からVIT面も強化した方が良いと判断したからである。ここらへんは表記方法の違いだけなので特に問題はない。



◆AGIバランス型支援廃ハイプリのメリット

・MHPとMSPが25%増加するため、転生前に比べて死亡率低下・スキル使用率増加
これは転生職であることのメリット。ハイプリはこれに加えてアスムプティオがあるため、
耐久力はかなりのものとなる。SPもマニピがあるので全く問題なし。

・AGI型支援プリのときに比べ、耐久力UP
転生職のメリットであるステポイントの増加とメディタティオの存在により、VIT面を強化することが
できてHP(耐久力)が上がった。また、状態異常にも強くなった。

・アスムプティオの存在
高難易度ダンジョン・MOBに対応するために重要な役割をもっている。
このスキルこそがプリからハイプリに転生する一番のメリットではないかと思われる。

・メディタティオの存在
MAXSPとSP回復力、ヒール回復量が増加するため、INTを抑えることができ ステポイントを
他のステにまわすことができる。低INTな場合でもメディタ10なら3、4人の支援は全く問題なし。

・他はAGI型支援プリと同じ

◆AGIバランス型支援廃プリのデメリット

・特になし
AGI型支援プリのときのデメリットはほとんど解決された。あえて言うなら特化>バランス。



◆ステータスについて

基本的にはプリと同じなのでプリ考察を見てください。しかし、メディタティオの存在などにより低INTで抑えられることができたりするのでステータスに関しては結構悩むと思います。アスムプティオを使うなら高DEXが要求されます。



◆スキルについて

アスムプティオ
すべてのダメージを半減させることができるスキル。キリエとアスムはどちらかしかかけれない。
消費SPは60でやや多めだが、転生によってSPが増えているため問題なし。(←メディタもある)
高難易度ダンジョン・MOBのところだと、アスムの切れ目が死に直結する可能性がある。
持続時間がLv5で100sなので、マニピLv5(持続時間90s)で時間管理することができる。

メディタティオ
MAXSP増加、SP回復力増加、ヒール回復量増加させるパッシブスキル。
このスキルを取ることでINTを抑え、他のステを強化することができる。

↓目安
転生前LV95↑INT120プリのSP自然回復量42(エギラ、SP装備無)
転生後LV90(エギラ有、SP装備無)で転生前のSP自然回復量となるのは、
・メディタ0→INT108、メディタ5→INT89、メディタ10→INT70

バジリカ
術者の周りに絶対防御障壁を展開させるスキル。青・黄・赤ジェム各1個と聖水1本を消費。
バジリカの詠唱は範囲内にMOB・敵PC・不可進入セル・地面対象オブジェクトが存在しない事が
条件となるため、使用するのが難しい。持続時間も40sしかない・・・。ネタに近い。

マナリチャージ
スキルで消費するSPを減少させるパッシブスキル。が、取得条件の関係で支援には縁がない。
取得条件はデーモンベイン10、メイス修練10。殴り型なら取れるかもしれない。



◆装備について

[更新中]
[PR]

  by monk_online | 2006-08-17 17:35 | 廃プリ考察

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE